医療の進歩と平均寿命の延長

昨今、医療の進歩で人々の平均寿命は延びました。しかし、健康な状態で天寿をまっとうしている人ばかりではないです。人によっては最先端の医療技術のおかげで一命はとりとめたものの元気な社会生活を営む事が出来ないまま亡くなってしまうケースが少なくないです。
医療の進歩は人間の寿命を飛躍的に上昇させました。その一方、多くの命を救えるようになった反面、状態が落ち着いてからの生活で非常に苦しい思いをする人を増やしてしまいました。また、家族の経済的、肉体的、精神的な負担も非常に重くなりました。
健康的に天寿をまっとう出来る人には問題ないですが、少しでも心身にマイナス部分が残った人にとっては医療が進歩した社会は生きにくさを感じる事が多いです。
平均寿命の延長は簡単に死ぬ事が出来ないという事を意味しています。末期がんや治療が難しい難病で苦しんでいても安楽死を現在の社会では簡単に選択する事が出来ないです。医療の進歩は多くの人々の生命を救った反面、新たに多くの苦しみをかかえる人々を生みだしました。
今日、平均寿命がのびても心身が健康でなければ意味がないという風潮が強まっています。健康寿命が重視されるようになっています。医療の現場では健康寿命を上昇させるための研究が続けられています。医療技術をさらに進歩させ、健康寿命をより長くする事に力点が置かれています。
医療技術の進歩のおかげで人々は以前よりも長く生きられるようになりました。しかし、長期間にわたって健康に生きるという事を実現するにはまだ足りない部分が多いです。今後、平均寿命の上昇よりも健康寿命の上昇に重きを置いた研究を続ける事が非常に重要になります。双方の寿命をのばす事が今後の最大の課題です。