医療とコーヒーと健康について

医療という視点からすると、飲み物もできるだけ体に優しいもの摂取するに限ります。医療現場では食事のえ栄養指導などは、それほどされることはありません。医療機関で食事や栄養について話があるとすれば、肥満外来などでしょう。しかし飲み物も食べ物と同じように、体への大きな影響を持っています。口から直接体内へと入りますから、何も影響がないはずはありません。白湯とか純粋な常温のミネラルウォーターなどは、口にするにも良いと言われていますが、意外な飲み物も量をわきまえれば健康にいいと言われています。それがコーヒーであり、医学的にも健康の効果が認められていると言われています。例えば血栓を溶かす力をもつというのも、素晴らしい効果です。コーヒーの健康効果はほかにもいくつもあります。B型肝炎の発症を抑えたり、カフェインが含まれるので、副交感神経に作用します。これが風邪を早めに治す働きにもなります。鼻がグズグズして辛いアレルギー鼻炎にも、効果があると言われています。飲酒が好きな人にも朗報ですが、アルコールの摂取による肝臓の負担も、コーヒーによって軽減します。かなり深刻なところでは、肝臓ガンや大腸ガン、口腔ガンを防ぐ作用も期待ができます。実は老化の予防にも、多少なりとも貢献をしているといいます。ほかにも中高年には気になりはじめる、コレステロール値を下げて、心臓病を防ぐ効果もあります。太り気味の人にも嬉しいことに、脂肪を分解しますから、ダイエット促進効果にもなります。痩せたいとダイエットを始めるなら、運動前にはコーヒーをのんでみてもいいでしょう。それに、善玉コレステロールを増やしますから、動脈硬化を予防します。頭痛のときとか、二日酔いの頭痛にも、意外なことに効果を発揮します。