ワイヤーを使わない矯正歯科の歯列矯正法とは

日本人は顎の骨が小さく、生えてくる歯がきちんと並ばないというケースが非常に多いです。
すると、場所がないのでガタガタとした歯並びになってしまったり、出っ歯のような状態になってしまいます。
歯並びが悪いというのは、見た目が悪いという問題以外にも様々なトラブルにつながります。
歯並びが悪いと歯ブラシが届きにくくなるので、虫歯や歯周病になりやすいからです。

歯並びをきれいにするのは、歯医者の中でも矯正歯科を扱っているところになります。
矯正歯科に行って見たいけれども、ワイヤーの装置を歯に付けるのに抵抗があってなかなか行けないという人もいます。
確かに、接客業や人前に出る仕事をしている人は見た目が気になります。
歯並びを治したいけれども、ワイヤー装置が気になるという人は意外と多くいます。

そこで、ワイヤーを使用しない矯正歯科が誕生しました。
歯列矯正にはワイヤーが必要だと多くの人が思っていましたが、ワイヤーを使用しなくても歯並びをきれいにすることができる治療です。
新しい治療法なので、どこの歯医者でも取り扱っているというものではありませんが、ワイヤーが気になる人は相談してみましょう。

しかし、ワイヤーを使わない歯列矯正の治療法とはどのようなものなのでしょうか。
インビザラインやクリアアライナーと呼ばれる、透明なマウスピースを使用して、矯正治療を行います。
このマウスピースは、歯型にぴったり合うのではなく、矯正のために歯を動かすように設計されています。
そのため、初めて装着すると、少しきつい感じかがありますが、歯は少しずつ動いていくので、だんだんと気にならなくなっていきます。

このマウスピースを2週間に1度ずつ、新しいものに取り換えることで、歯の移動が可能になります。
取り換えることで衛生面でも問題がありませんし、何より、透明なので装着していても他の人に気付かれることがほとんどありません。
ワイヤーよりも刺激が少なく、粘膜に当たって痛いということも減ります。

さらにマウスピースは自分で取り外すことができます。
食事や歯磨きの際は取り外して、いつも通りに食べることができるので、違和感なく食事を楽しむことができます。
必要以上に外してしまうと、歯を動かす効果がなくなってしまうので、指示通りに装着する必要はありますが、ワイヤーよりも見た目がきれいで、痛みが少ない治療法として注目を集めています。
今まで矯正治療を諦めていた人にもおすすめの治療法です。

では実際にどこで治療を受ければよいのでしょうか。
その答えは日本の首都である東京都にあります。
圧倒的な歯医者や患者数がおり、公共交通機関も充実しています。
歯列矯正は一生のことなので、地方に住む方でも近所の歯医者で済ませずに、信頼できる技術が高い東京都の歯医者に任せましょう。
歯列矯正は東京都を推奨するということが答えになります。
地方の方でも月に1度の通院で済むこともあるので、多少遠いなと感じても健康のためには妥協しない心構えが重要です。