インプラントは安全?メリットとデメリットとは?

インプラント治療は、顎の骨に金属の人工歯根(インプラント)を埋め込んでその上に人工歯を装着することで、重度の虫歯や歯周病、事故などで失ってしまった歯の機能を取り戻すことができる画期的な治療法です。
しかし、通常の歯科治療と違って手術を伴う治療となりますので、受ける際には安全性に不安を抱く方もいることでしょう。

では、実際に歯医者で治療を受ける際の安全性はどうなっているのかというと、きちんとインプラント専門医が歯科で治療を受ければ、大きな問題は起こりにくく安心といえます。
また人工歯根の素材は整形外科などでも使用されているチタン製となっており、これはアレルギーなどが起こりにくく、体に調和する素材ですので、そうした面でも安心といえるでしょう。

このようなことからインプラント治療は安全性の高いものといえるのですが、手術ですのでまったくリスクがないというわけではありません。
より安心して治療を受けるためにも、治療のメリットとデメリットを把握しておくことが重要なのです。

まずインプラント治療のメリットですが、一番に挙げられるのが他の歯を傷つけないということです。
歯を失ってしまった時、歯科では入れ歯という選択肢もありますが、入れ歯は場合によっては健康な歯を削る必要がでてきます。
歯科治療において、できるだけ歯は削らない方がいいという考えが一般的なことから考えれば、失った部分だけを治療するインプラントはメリットがあるのです。

また自然に噛めることや話しやすいというのも大きなメリットです。
これは入れ歯ではなかなか難しく、何度調整を重ねても違和感が残ってしまうというケースも珍しくありません。
特に総入れ歯の場合、違和感が強く出てしまいやすいのですが、インプラントは多くの歯を失ってしまっていてもオールオン4と呼ばれる方法を用いることで、違和感なく噛める、話ができる歯を取り戻すことができるのです。
ただし、オールオン4は歯医者の経験が大事な治療法となりますので、事前にその点は確認するようにしましょう。

このようにインプラント治療はメリットのある夢のような治療法ですが、一方でデメリットもあります。
その一番大きなものが失敗の危険性です。
先述したように手術ですので、まったくリスクがないというわけではありません。
場合によっては、埋め込んだ人工歯根が抜けるようなこともあるのです。

人工歯根が抜けてしまう原因として挙げられるのが炎症です。
炎症の原因は様々で、もともと歯周病などで口腔環境が悪かったり、手術時の衛生面に問題があり細菌感染を起こしてしまうケースや、顎の骨が硬すぎて人工歯根を埋め込む際にダメージを負ってしまったケース、術後の定期メンテナンスを怠ってしまったケースなどです。
こうした炎症を放置すると、折角埋め込んだ人工歯根が抜けてしまうことがあるのです。

また費用が高くなるのもデメリットといえます。
インプラント治療は基本的に保険適用外となりますので、費用負担は大きくなりますし、定期メンテナンスにかかる費用も考えておかなければいけません。
ただし、医療費控除の対象となることがほとんどですので、事前に調べておくとよいでしょう。
インプラント治療は緊急性の高いものではありませんので、治療を考えているのであれば、こうしたメリットデメリットを知ったうえで、焦らずに検討することが大切です。

■インプラント治療を行うのにオススメの地域
インプラントなら神奈川で行うのがオススメ